2015年05月14日

宮ノ観音 (平成27年4月11日 参拝)

總宮神社と宮ノ観音.jpg

山形県長井市の總宮神社に参拝した時、總宮神社の拝殿の脇にもう一つお堂があることに気が付きました。

このお堂が、置賜三十三観音の第十番札所の「宮ノ観音」でした。
ご本尊は馬頭観世音菩薩で秘仏なのだそうです。
御開帳は12年に一度、午年(うまどし)に行われるそうです。

宮ノ観音.jpg
馬に関係する観音さまということは、農業にも関係する仏さまなのでしょうか。

ご本尊について.jpg

私事ですが、長年農業を営んでいた義父が認知症を患い、農業の規模を縮小せざるをえなくなりました。
病気の状態が改善することはまずないでしょう。
願うは認知症が今以上に進行しないこと。

偶然とはいえ、農業に関係すると思われる観音さまと出会えたこと。
ご縁を感じつつ、義父のことを見守ってくださるよう、手をあわせました。

札所ということは御朱印もいただけるはず。
お隣の總宮神社の宮司さんに、宮ノ観音の御朱印を尋ねたら、宮ノ観音の御朱印は總宮神社ではなく、すぐとなりの真言宗の寺院、遍照寺でいただけるとのこと。

残念ながら時間の関係で遍照寺を訪れることは見送りましたが、また、宮ノ観音に手を合わせた折、遍照寺へも足を運んで見たいと思いました。
posted by 小杉新吉 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮ノ観音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/130091194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

最近の記事