2015年06月12日

慈恩寺追分地蔵(平成27年5月14日 参拝)

山形県寒河江市の慈恩寺地区の追分地蔵に手を合わせてきました。

追分地蔵尊1.jpg

「悠久の里慈恩寺てくてく歩き」というパンフレットによれば、追分地蔵は、
「旅人の道案内、みんなの願いを聞き届け、それぞれ進みたい方向に進ませてくれる」
お地蔵さまだそうです。

松尾芭蕉の『奥の細道』によると、日々の生活も旅。
迷いの多い私の道標をしてくださるかも、と慈恩寺にでかけました。

慈恩寺活性化センターの大駐車場をお借りして自動車を駐め、そこから山際の道を左に15分ほどでしょうか。
途中に「よだれ地蔵」や「子安地蔵」もいらっしゃいます。
田沢川の橋を渡ると、そこに追分地蔵さまがいらっしゃいます。

誰でも生きていくうえで悩みごとは発生するでしょう。
私も多くの悩みがあります。
悩む私を自分で許容することができず、自分で自分を攻めてしまうこともしばしば。
心が落ち着かず、鬱々とした生活を送っています。

追分地蔵さま、もう少し、自分を許容する勇気を私にください。
そんな思いを胸に、手を合わせました。
posted by 小杉新吉 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 慈恩寺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/140310081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

最近の記事