2014年10月12日

建勲神社(平成26年9月28日参拝)

参道.jpg

社殿.jpg

山形県天童市の舞鶴山の西側にある建勲(たていさお)神社に参拝してきました。

この神社はあの「織田信長」を神として祀ってある神社です。
幕末の頃、天童藩の藩主は織田氏。
信長の直系です。

肖像.jpg

神社内には信長が存命中に宣教師が描いたという織田信長の肖像画が掲げられていました。神社の方の話ですと、複製であるとのことでしたが、信長の顔そのもの(というのは変な表現かな)の肖像画なのでしょう。
どうぞ、撮してください、という神社の方の好意に甘えてパチリ。

神社としての歴史は浅く、明治に入ってから建立されたとのこと。
もっと多くの人に信長を祀った神社があることを知ってほしい、と、その方がおっしゃっていました。

山形といえば紅花が有名ですが、山形に紅花をもたらしたのがお隣河北町の谷地城主の白鳥氏。その白鳥氏に紅花の種を送ったのが織田信長、という説が地元には伝わっています。

織田氏は偶然天童藩の藩主となったのかもしれませんが、はるか昔の戦国時代から、織田と山形は縁があったのかもしれません。

posted by 小杉新吉 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建勲神社

最近の記事