2014年10月16日

根際荒神さま(平成26年10月16日参拝)

鳥居.jpg

山形県河北町西里の山の中腹にある荒神さまに参拝してきました。
住宅地の間の道を山に向かうと、鳥居の先に少々長い石段が現れます。
以前は手すりがなかったのですが、寄進して下さった方がいて、今は階段の登り降りもいくぶん楽になりました。

荒神さまは囲炉裏(いろり)や竈(かまど)の神さまとのことでしが、今は囲炉裏も竈も珍しくなってしまいました。私心ですが、現在においては「火」の神さまと大きく捉えてもいいのかもしれません。

根際の荒神さまは社殿の彫刻も素晴らしい神社です。
郷土の彫刻家で、江戸で彫刻師御三家の一つ後藤本流の彫刻を学んだ山文五郎の作といわれています。

彫刻右.jpg

長い石段を登るのは骨が折れますが、火の用心だけでなく、迫力ある彫刻を目にすることができる。石段の苦労も吹き飛ぶような気分です。
山の中にある神社で、麓の眺めもいいですよ。
posted by 小杉新吉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 根際荒神様

最近の記事