2015年01月15日

谷地八幡宮 初詣 (平成27年1月2日 参拝)

谷地八幡宮150102.jpg

山形県河北町の谷地八幡宮に参拝しました。

谷地八幡宮は同町の溝延八幡宮と、お隣、寒河江市の寒河江八幡宮と並び、北寒河江荘三八幡といわれる八幡さまです。
九月の祭典のときの奴と、舞楽で有名な八幡さまです。

初詣は氏神さまに詣でるのが一番なのかもしれませんが、私の家の氏神さまは近隣の山の山腹にあり、この季節訪れるのは危険です。
昔、谷地八幡宮に村山市白鳥にあった白鳥八幡も合祀されているのだそうですが、その白鳥八幡を谷地に合祀したのが私の先祖の一族。谷地八幡さまも、私にとっては氏神さま同様です。

さすがに正月だけあって、たくさんの方が詣でています。
いつもの落ち着いた雰囲気と違い、にぎやかです。
鳥居の先には、様々な出店が並んでいました。
行列に並んでいると、たくさんの知り合いと出会います。
新年の挨拶をしながら、参拝の順を待ちます。

狛犬の頭に雪が積もり、綿の帽子をかぶっているようです。

谷地狛犬150102.jpg

参拝も私の番。
本殿前に進み二礼二拍一礼。
「昨年はおかげさまで家族も健康に過ごせました。お世話になりました。今年も諸々精一杯がんばりますので、何卒よろしくお願いします」。

社務所により、毎年求めている交通安全の御守と、御札をいただきました。
おっ交通安全の御守、今年はデザインが違うぞ。

神さまを乗せている車。
安全運転に努めます。
posted by 小杉新吉 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 谷地八幡宮

2014年10月21日

谷地八幡宮(平成26年9月30日参拝)

鳥居.jpg

山形県河北町の谷地八幡宮に参拝してきました。
「参拝してきた」といっても、となりの役場に用事があるたびによってきますし、小さい頃から何度となく手を合わせた、すごく「馴染み」の八幡さまです。

寒河江八幡・溝延八幡とあわせて寒河江荘の三(さん)八幡として昔から人々に親しまれてきた八幡さまとのこと。

谷地城主の白鳥(しろとり)十郎が村山市白鳥(しろとり)から谷地に入部するとき、白鳥にあった八幡さまも谷地に移転、谷地八幡に合祀したそうです。

本殿.jpg

十郎が織田信長に献物を送ったとき、その返礼に頂いた品の中に「紅花の種」があったとか。
十郎の手によって最上紅花の栽培が始まったのかもしれません。

八幡さまは武家に信仰された神さま。
十郎も戦勝祈願に訪れたのかもしれません。

私も白鳥家の末裔の一人です。
先祖がこの地でどんなことを考え、どんな生活をしていたのか、参拝するたびにそんなことを考えてしまいます。

境内.jpg

*境内に入ってすぐ右手に見える石碑は刀鍛冶・鍛冶月山(がっさん)顕彰碑です。
posted by 小杉新吉 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 谷地八幡宮

最近の記事