2014年10月31日

戸澤神社(平成26年10月27日参拝)

山形県新庄市にある戸澤神社に参拝しました。

新庄市内に最上公園というかつての新庄城(新荘城)の城址公園があります。
藩主を祀る戸澤神社はこの最上公園内に鎮座します。

公園内に自動車を入れることもできたようでしたが、そのことを知らなかったため、公園のすぐ近くにある新庄ふるさと歴史センターの駐車場をお借りしました。
あいにくの雨。
傘を差しての参拝です。

駐車場 .jpg

新庄城の堀をわたって鳥居の前に。

堀.jpg
手水舎で清めて拝殿前で二礼二拍一礼。

鳥居.jpg

藩主といえばその地方のトップ。
人の上に立って政治を行うのは何かと気苦労も多かったのではないでしょうか。
最近また人間関係で悩むことの多い私。
人と人と、うまくやりあっていく力がほしいものです。

と、心の中で思いながら手をあわせました。

社殿.jpg

戸澤神社の御朱印をいただいたとき、おとなり天満宮の御朱印のことをうかがったら、申し訳ないが天満宮の御朱印はないとのこと。
いやいや、御朱印をいただくことが目的ではないですから、申し訳ないなどという事はありません。
参拝させていただき、こちらこそ感謝です。




天満宮へも参拝するつもりでしたが、雨脚が強くなり、失礼ながら戸澤神社の社務所から頭を下げることで失礼させて頂きました。

posted by 小杉新吉 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸澤神社

2014年09月11日

戸澤神社(平成23年6月12日参拝)

戸澤神社

出羽・新庄城跡に建立されている、戸澤神社に参拝してきました。
新庄市は山形県内陸北部、最上郡の中心地で、かつての戸澤藩(6万8千石)の居城・新庄城があったところです。

私が今住んでいる町の一部はこの戸澤藩の領地でした。

雪深い新庄藩の財政を支えたのが「村山郡の一部」と、看板に書かれている「谷地」だったとか。

新庄市は夏、勇壮な「新庄まつり」でにぎわいますが、谷地では同じように秋、谷地祭りで囃子屋台や奴が町中を練り歩きます。

江戸時代、谷地から上がる税金が莫大で、まわりの藩が領地として奪い合い幕府が介入、谷地を三分して、その一部が戸澤藩の領地に、もう一部が上山藩に、残りが幕府直轄領に分けられたとか。
谷地祭りは今でもこの名残があり、谷地地区を三分して、交代で、かつ競いあってお祭りを盛り上げます。

戸澤神社にお祭りしてあるのは藩主の戸澤氏の始祖、戸澤衡盛と戸澤藩の始祖、戸澤政盛。

藩主は盛大な谷地祭りを見ることがあったのでしょうか。
代官から話は聞いたのだろうかなあ。

新庄城.JPG
posted by 小杉新吉 at 15:00| Comment(0) | 戸澤神社

最近の記事