2015年06月13日

荒楯不動尊(平成27年5月21日 参拝)

山形県尾花沢市の荒楯地区の山の中にある荒楯不動尊に参拝しました。

荒楯不動尊.jpg

記憶がはっきりしないのですが、誰からかこの不動尊が「合格」にご利益がある、と聞き、気になっていました。
受験に関すること、高校や大学、運転免許試験などとにかく合格祈願にいいとも。


行ってみたい。
参拝したい、とネットで情報を集めてもなかなかいい情報が得られません。
地図で荒楯地区を探すと、山の中にそれらしき寺院の地図記号が見つかりますが、参道がわかりません。

ダメ元で行ってみるか。
と出かけました。

荒楯地区のすぐ近くに以前住んでいたことがあるので、土地勘はあります。

まずは尾花沢の市立図書館に向かい、図書館の東側の道を南進しました。
T字路にあたりますので、交差点を東に、市営住宅の方に進みます。
地図だと、このあたりに不動尊の方向に向かう農道らしきものがあるはずなんですが‥‥‥‥

と、するとなんと、立派な石柱が!
龍王山日月大聖不動明王と刻まれています。
多分この不動尊が荒楯不動尊のようです。
ビンゴ!!

標柱.jpg

付近に駐車場がないため、路肩の邪魔にならないところに自動車を駐め、歩いて荒楯不動尊に向かうことにしました。

落葉松林.jpg

畑作業の方にあいさつをしながら、落葉松の林を抜けます。
林の先は水田と朧気川。

水田.jpg

朧気川の橋の先には鳥居が見えます。

朧気川の橋.jpg

鳥居を見てみると、稲荷神社の標札が。
あれ?
お不動様は?

赤い鳥居.jpg

さらに進むと、今度は石の鳥居がありました。

石の鳥居.jpg

標札には龍王山の文字。
では鳥居の先にお社が!
鳥居の先のお社.jpg

ワクワクしながらお社に行ってみると、お不動さまではなく稲荷さまでした。
同じ参道でお稲荷さまもお祀りしているようです。

稲荷神社.jpg

しかし、お社の脇に何やら妙なものがついていました。
目を凝らしてみると、大量の蜜蜂!

分蜂.jpg

蜜蜂の分蜂のようです。
珍しい現場に遭遇しました。
蜜蜂はこちらから危害を加えない限り攻撃してくることはまれです。
蜂の邪魔にならないように近づいてじっくり観察させてもらいました。
・・・・縁起いいかも。

さすが、縁結びにもご利益があるといわれる荒楯不動尊。
いや、稲荷さまのご利益でしょうか。

稲荷さまの前をすぎ、さらに進むと作業小屋があり、その先にまたお社が見えてきます。
ここが龍王山日月大聖不動明王のようです。

日月寺.jpg

お社の中から、柱時計の音が聞こえてきますが、付近には誰もいないようです。

手水の水で清めさせていただきました。
こも水は、寺院の裏手から湧き出ているもののようです。

寺院の前にすすみ、手を合わせました。
覚えたての般若心経と、お不動さまの真言も。

静かな境内で、水が湧き出る音が聞こえてきます。
小さな池にはお地蔵さまもいらっしゃいます。

お地蔵さま.jpg

暖かい日差しと静かな音。
なんと贅沢な時間。

寺院の先にはさらに階段があり、参道が続きます。

お寺の先にのびる参道.jpg

先まで進むとそこには崖から小さな瀧のような水の流れがあり、その祠の中に‥‥‥‥

荒楯不動尊には噂に違わず、なにか湧き出る力が得られるような素晴らしい空間が広がっていました。
posted by 小杉新吉 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 荒楯不動尊

最近の記事